納税は国民の義務です。それを正しく扱う節税を考えます。

相続税を値切ろう!評価額引き下げ計画

まず基礎的なことから。相続税とは親族などの死亡により、財産を譲り受けた者に対してかけられる税金のことです。国税となります。死亡した人は「被相続人」となり、財産を承継した人は「相続人」です。


「被相続人」の財産を相続した「相続人」が相続税を支払うことになります。


ということは、あなたももしご両親が健在ならいずれ「相続人」になる可能性があります。例えば家、土地や有価証券などがあれば、その「評価額」によって税金を国に支払わなければなりません。しかし、土地については、値札がついているわけではありません。じゃあ、ゼロ円かな。と思ってるあなた。タダより高いものはありません。つまり逆に言えばいくらでも値段をつけようと思えば付けられてしまうのです。それじゃ困りますので、準備されているのが土地の評価額です。相続税も「税金」ですから、評価額が高ければ高いほど税金の額も高くなります。当然のこととして評価額が低ければ低いほど税金も安くなるのです。


そうであれば、なんとかして評価額を引き下げることは出来ないだろうかというのが今回のコンセプト。けっして脱税ではありません。健全な納税のための計画です。では、よろしければご一緒に相続税を値切るための評価額引き下げ計画にお付き合いください。


相続税を値切ろう!評価額引き下げ計画

評価額と税金の関係

土地の評価額がさがれば相続税は下がりるということです。

評価額を引き下げるテクニック

テクニックをつけるためにはトレーニングがかかせません。

相続税を値切ろう!評価額引き下げ計画評価額と税金の関係評価額を引き下げるテクニックサイトマップ